海外シンガポールとグアムの体験談

MENU

シンガポールへはゴールデンウィ―ク直後がねらいめです

シンガポール


シンガポールに娘と二人で3泊5日で行きましたが、ゴールデンウィーク直後の出発だったため、激安で行くことが出来ました。
シンガポール航空で行きましたが、もともとシンガポール航空は座席の幅が、他に比べて少し広めの上に、飛行機内は座席がガラガラで皆、2席3席を使って横になって寝ることが出来るぐらいで、非常に快適な空の旅でした。


ほとんどがフリータイムの格安ツアーでしたし、シンガポール自体、狭い国なので、ほとんど自分達で、地下鉄移動で観光したのですが、地下鉄の仕組みが面白く印象に残っています。


最初、日本と同じような感覚で切符を買って乗ろうとしたのですが、何回切符を改札に通そうとしても通れず、つたない英語で
通りがかりの人に尋ねると、シンガポールでは、最初に補償金のようなものを1シンガポールドル余分に払って、改札を通り、目的地に着いてから、返却機にその切符を入れるとお金が戻ってくるというしくみのようで、娘と二人でずいぶん手間取ってやっと地下鉄に乗れたのも面白かったです。


食事も自分達で地元の食堂のようなところに入ってみたのですが、メニューがさっぱりわからずなんとなく麺らしき綴りのものを頼んだのですが、これが日本では考えられないほどの激辛のはるさめのような料理で、日本にあるからさ10倍とかのレベルではなく、一口食べると、唇がヒリヒリし、胃が熱くなるような感覚の辛さで、本当にシンガポールの人達は、普通に日常的に、
この辛さを食べているのかと信じられませんでした。


それでももったいないからと、食べようとする私を娘が必死で止めたのも楽しい思い出です。
観光地めぐりも良いけれど、シンガポールは地元の人達が生活しているような場所を自分達も住んでいるような感覚で歩いてみるのが楽しい国だというのが、私の印象です。

スポンサードリンク

初めてグアムに行きました。,

ハイビスカス
初めての海外旅行はグアム島でした。時差も1時間ほどしか差がなかったですし、現地に到着するのも約4時間ほどで到着だったので楽でした。


初日は到着が夜だったので観光は次の日でした。恋人岬での悲しい話を教えてもらい切なくなったのを覚えています。後は戦争の爪痕の地は勉強になりました。そして1番楽しかったのはココス島です。島自体が小さく数十分で1周することができます。ただし実際に1周は危険なのでできないです。あと船で泳ぐポイントまで行きシュノーケリングをしました。
夕日のビーチ


浅いところはきれいでサンゴ礁などがあり、急に斜めになって深く底が見えなくなり真っ暗な海になったのはちょっと怖かったのですがきれいな海と青空の中で泳ぐのはとても楽しかったです。私達は予約してなかったのでしてませんがココス島でパラセーリング等スポーツを楽しんでいる方たちもいました。


昔に比べて前よりも新しいスポーツや海の中を散歩できるようになったので日本から近い海外ですしたくさん楽しめるところだと思います。ただ残念だったのはココス島での食事です。どちらからというとあまりおいしくはなかったですし種類も少なかったです。


そこだけは改善してほしいと思いました。今度行く機会があったら何かスポーツに挑戦したいと思います。

スポンサードリンク